育毛剤を選ぶときに陥ってしまう二つの罠

育毛剤を選ぶときに陥ってしまう二つの罠

「最近、抜け毛がとまらない...」

そんなときに考えるのが育毛剤ですよね。ただ育毛剤選びを間違ってしまうと出てくるはずのない副作用が発症したり、お金を無駄にするだけかもしれません。

今回は育毛剤選びで陥ってしまいがちな二つの罠をご紹介していきます。

値段で選んでしまう


よく育毛剤初心者が陥りやすいのが値段で選んでしまってお金と時間を無駄にしてしまうこと。確かにお財布事情と相談するのも重要ですが、それよりも重要なのは値段と中身の成分が釣り合っているか、です。

1000円以下の育毛剤はドラックストアで気軽に購入できて、パッケージや宣伝文句も何やら髪が生えてきそうな表現がされています。しかし、中身を見てみるとほとんどが水とエタノールでできていて、原価100円もないようなものばかり。

値段も重要ですが、成分欄をみて中身を確認することも忘れないでください。

成分の種類の多さで選んでしまう


よく育毛剤の中には成分の種類の多さをアピールしているものがあります。なんとなくよさそうな育毛剤に感じてしまいますが、実際には成分の量は雀の涙の量しか入っていない場合も多いです。

なぜなら種類が多いということはそれだけ一つ一つの成分の量が少なくなってしまうから。

育毛剤には成分の量が大切です。成分の種類の多さに惑わされず、しっかり成分の量まで確認してから選ぶようにしましょう。

copyright(C)クロノピンて??